【勇気づけの子育て】

「○○だから私は出来ないの・・・と言い訳をする。

「あなたのせいよ!怒と相手のせいにする。

問題が起こったときに、人がとる行動はいろいろありますが、

勇気づけの子育てではこんな考え方をおすすめします人差し指

それは、「今の私に出来ることは何か」と考えて行動することハート

子供が朝寝坊して遅刻したとします汗

どんな行動をとれる子になってほしいですか?? 

1   「夜宿題をしてたから朝起きられなかったんだ」と言い訳をする。

2   「起こしてくれなかったお母さんのせいだ」と相手のせいにする。

3  次に朝起きられるようにするにはどうしたら良いか考えて行動してみる。

きっと3   の行動をとれるようになって欲しいのでははいでしょうか考える

もしいつも、「なんで起きられなかったの!怒

と理由を聞かれて怒られたら、1  のように言い訳をするようになるかもしれません汗2

もしいつも、お母さんが起こしてあげていたら、起こしてもらうのが当然になり、

起こしてもらえなかった時に、2  のように「悪いのは自分じゃない。やってくれなかったあの人だ」と思うようになるかもしれません↓ 

3  のような行動をとれるようになるには、どうしたら良いでしょう。

起きられなかった事を責めず、

母「起きられなかったね。次はどうしたら起きられるかな?と、一緒に考え、試してみる事をお勧めします照れる

そして、問題が起こったときに、「今私に何が出来るかを考えて行動する」事を大人が実践し、見本となるような行動をする事をお勧めしますピクスター

わたしは、勇気づけの子育て勉強会を開催し、勇気づけを子育て中のお母さんたちにお伝えする機会持っています花オレンジ 

私の大好きな時間ですおんぷ。

その訳は、参加してくださる方が前向きで、「今私に出来る事」に焦点を当てて学びに来てくれている事です鉛筆 

忙しい毎日の中での子育てでは、

1  「忙しくてゆっくり子どもに対応する暇なんてないの!」と言い訳することも出来ますし、

2  「この子は言ってもわからないから叱るしかないの!」と子供のせいにすることも出来ますくしゃくしゃ

でも、勉強会に参加してくれる人たちは、

3  「子どもの為に、家族の為に、私の為に、今私にできることはなんだろう」と、自分自身で出来る事に焦点を当てています

そんな前向きで、子育てに真剣ななお母さんたちを見ていると、

「この人達なら大丈夫。 」と、子どもに向かう姿勢に毎回尊敬させられます好 キラキラ

HPリンク