【勇気づけの子育て】

関東に台風が直撃した夜、20時間以上かけてアメリカの実家に行っていたパパと息子が帰ってきました家

道中での息子の様子は・・・

二人がアメリカに発つ前、飛行機に興奮している息子とお話しをしましたboy

私「飛行機楽しみだね。 飛行機ではどうやって過ごすか分かる?pink

長ーい時間乗るんだけどね、皆本を読んだり眠ってたりするの。

だから、大きい声を出したり走ったりすると周りの人が困っちゃうんだよね汗

自分の席に座って小さな声で話すと、周りの人は助かると思うんだ。おんぷ

パパによると、行きの飛行機でうるさくする事はなかったそうキラキラ

我が家では、こういう話をする時、必ず「理由」「気持ち」について考えるようにしています好 

「壊れたら困ってイヤな気持ちになるから」、「ケガすると、痛くて悲しくなるから」、「嬉しいから」など人差し指

逆に「ルールだから」、「こうするべきだから」だけで済ませる事はしませんNO

これをすると、人は考える事をしなくなります↓

ルールを説明する時にも、「靴は脱ぐルールだね。床が汚れちゃうからかな。」

などと、ルールの裏側にある理由を考えるようにしています考える 

そして帰りの飛行機飛行機

台風で着陸出来ずに遅れて、乗り継ぎ後は13時間のフライトでした目覚まし時計

パパは、特にフライト前に、どう振る舞うべきかについては話さなかったそうです。

長くて疲れてぐずるかなと思っていましたが、寝たり遊んだりしながら静かに過ごしたそうですGOOD

自分が、なぜ、どのように振る舞わなければいけないか、考えて行動したようですハート

帰ってきて3日が経ちましたが、息子はいまだに時差ボケで私が寝る少し前に起きます起きる

眠れなくて起きているのは息子の自由ですが、それで他の人に迷惑をかけるのは嬉しくありません。

私「ダディーとマミーは寝るね。

起きていても良いけど、寝たいから静かにしてくれると助かるんだ寂笑

後、明るくなるまで起こさないでくれると嬉しいんだ。 じゃーおやすみ手

ここ何日か、リビングに息子を残して就寝してます夜

息子は、何時間か静かに遊び、明け方、大人の寝室の床やリビングのソファーで力尽きて寝ている様子ねむぃ・・おねんねするー!

自分でどう行動すべきか考えて行動が出来るようになると、この先、どんな場面でも応用が利きそうですね嬉 おんぷ。