【勇気づけの子育て】

「お菓子食べたーい!もっとちょうだーい!ぺろり

これがいつもだと疲れますよね汗

ルールを決めれば、この問題も解決が付きそうです人差し指

我が家では、一日でどの位の量のお菓子を食べて良いか、私が決めますおかあさん。

そして、いつ、どのお菓子を食べるかは息子が決めますboy

この日は午前中はお出かけ、午後から私がお仕事なので幼児園の延長保育へ行きます保育園

朝のお出かけ前、息子がお菓子を食べたがりましたk.yama*

私「今日はね、今から遊び行くよ。お昼食べてお昼寝したら幼児園行こうね。

今日のお菓子はこれね。今食べるの?バッグにいれておく?pink

息子「えーっと、これと、これとー・・・」

真剣に今食べるお菓子を選びます おすっ

両手にいっぱいにお菓子を抱えたので、

私「今いっぱい食べるの? 幼児園のおやつタイムでは食べないの?pink

息子はまた真剣に悩んで、二つのお菓子以外は袋に入れ、自分のバッグに入れましたリュックサック 

自分でいつ食べるか決めてるので、全部食べてたらそれで終了END

それ以上のおやつはあげませんNO 

ただ、おばあちゃん等他の人からもらうおやつは息子と相手の間の事なので私は口はだしません。

このシステムをスタートしてからしばらくは、朝おやつを渡すとほとんど食べてしまい、

その後「お菓子―、お菓子―」とねだっていましたが、

最近ではペース配分が分かってきたようで、今我慢をして後で食べる、自分の欲求のコントロールが上手になってきたようですキラキラ

「お菓子食べたーい!」で困っている方、思い切って子供にお菓子の管理を任せてしまうのも良いかもしれません嬉 ハート

お読み頂きありがとうございます
皆さんの子育てが楽しくなりますように
 

勇気づけリーダー
アンドリューズ美和子

黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線
 世界で冒険出来る子供を育てる
【勇気づけ】×【子ども専門ネイティブ英会話

 

栃木県宇都宮簗瀬 学童 英語 外国人