【勇気づけの子育て】

子供にアツアツの食べ物を渡すとき、どうしてますか?

・冷ましてあげるブ~・・・(車)。

・小さく切ってあげる立方体

・食べさせてあげるスプーン

・注意するように促す!

色々と方法はありますが、私は「○○○」と一言だけ声をかけますふきだし(…)

大根のお味噌汁を作ろうと、大根を煮ていると、

2歳半の息子が

息子「食べるー、だいこん、食べるー、大根くださーいあははっ

私「まだ煮えてないから硬いよ。食べるの?

息子「食べるーハート

息子が食べるというので、グツグツ沸騰してる鍋からアツアツの大根を取ってあげました大根

私「はい、熱いよ」

伝えた言葉はそれだけ。

それだけ伝えれば、息子はどうすべきか分かっています

湯気が出ている大根を前に、息子が取り出したのはトングトング

ちょっと指で触って熱いのを確かめると、トングでつかんで、

フ―フーフーブ~・・・(車)。

恐る恐るちょっとだけ口をつけて、熱くて断念汗2

一度お皿に戻し数分後、

今度は冷めて食べられた様ですキラキラ

息子が「熱い」という事を分かるようになった1歳後半のころから、

やけどしない程度の熱い物だったら、熱いまま渡すようにしています寂笑 

それは、どの程度なら食べられて、どの程度なら持てて、どの程度なら無理なのか、

それは体験してみないと分からないからです人差し指

大人が冷ましてあげていては、加減を覚えるチャンスがありません汗

経験豊富な息子は、私の言った「熱いよ」と言った言葉や湯気が出ている事から、

どうすれば安全においしく食べられるかが分かったようですおんぷ 

体験が身になっているようで、最近は、大人用の温かいうどんも冷ましながら上手に食べるようになりましたピース

逆に私は子供用の取り分け皿で食べる事になりましたが、こんな事を出来るのも今だけ花オレンジ

良い思い出になりそうです 嬉  おんぷ。 

お読み頂きありがとうございます
皆さんの子育てが楽しくなりますように
 

勇気づけリーダー
アンドリューズ美和子

黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線
 世界で冒険出来る子供を育てる
【勇気づけ】×【子ども専門ネイティブ英会話

 

栃木県宇都宮簗瀬 学童 英語 外国人