【勇気づけの子育て】

「こらー!お店の中で走っちゃダメ!怒

これを言って走らなくなるでしょうか?

我が家では別なアプローチをした所、2度目に走らなくなりましたキラキラ

パパの帰りが早かったこの日、前から買おうと言っていた息子の靴を自転車で買いに行くことにくつ。  
 
そして、その帰りがけにイートインコーナーのあるコンビニでアイスを食べる事にしましたアイスクリム

「靴は1足だけね。その後アイスを食べようね寂笑

息子とそう話して家を出ました家

靴屋さんに着くと、嬉しくて楽しくて、息子は走り回っていました逢いたい!

色んな靴を引っ張り出して、出しっぱなし汗

お店に迷惑をかけない様に、パパと私は必死焦

そこで気付きましたびっくり

今回、お店でどんな風に振る舞えば良いか、お店に入る前に息子と話をしてきませんでした・・・

ここで「じゃーもう買わない!」とキレても、前もって話しをしてない事なので、息子にとっては理不尽です汗2

パッと買い物を済ませ、お店を出ましたサイフ

帰りにアイスを食べていく事は覚えている息子boy

帰り道もハイパーです 好

さっきの失敗を踏まえ、今度はコンビニに入る前に息子にお話し人差し指

私「あのね、ここはみんながお買い物する場所だから、走ったら迷惑なんだ。だからお店の中ではゆっくり歩いてほしいの。走ったらお店にいられないんだけど、ゆっくりあるけるかな?  」

息子「OK!ゆっくりねGOOD

だいぶテンション高めで答えました↑

そして、入り口を入ると・・・

アイスコーナーめがけてダッシュ!!5

すぐに息子を止めて、

私(ニッコリ顔で、おだやかなトーンで)「走ったからお店でなくちゃならないね。アイスはまた今度だね寂笑  」

息子は大泣きでしたが、手を引きコンビニの外へ。

入り口を出た所で、もう一度話をしましたふきだし(…)

私「アイス食べたかったね。残念だね。またチャレンジしようねおんぷ

そのままアイスは食べずに家へ。

そして数日後カレンダー

夕飯後にアイスを食べにコンビニへ行く事にしましたコンビニ

今日は家でまずお話し人差し指

私「コンビニでどうすればいいのか覚えてる?ゆっくり歩くんだよね。走ったら迷惑になっちゃうからね。ゆっくり歩いてアイス買って、食べようね嬉

そして、私の思いつきで練習してみる事にしました。

パパにレジの人になってもらって、息子と二人でキッチンのドアを開けるところからスタートおんぷ。

ゆっくり歩いて、アイスを選ぶマネ

ゆっくりあるいてレジの前に100円

息子「これくださーい」「ありがとーWハート

そして、椅子に座り食べるまね椅子左に座る棒人間

私「出来たねー。こうやってアイス買えばいいんだね。じゃーお店に行こうかピクスター

コンビニに着くと、

息子「マミー、Walk! No run! OK! (歩いてね。走らないでね。分かった?)ふふん

と、私にどうすれば良いのかを教えてくれます。

そしてお店の中では、パパの手をつないでゆっくり歩いてます手と手

アイスを選んだ後もゆっくり歩いてレジへGO

息子「これくださーい。ありがときゃはっ♪

練習通りに言ってますハート

そしてイートインコーナーで、皆でおいしくアイスを食べました音符

ルールを決めるとき、我が家では「それを守らなかった時どうするか」まで決めるようにしています人差し指

だから、1回目、走ってしまった時は迷わずにお店を出ました。

そして、その結末の経験があるからこそ、2回目は自ら進んで「お店の中では歩く」という決定をしてくれたようですキラキラ(オレンジ) 

こうすると、力ずくで行動を押さえつけるより、考えて自ら行動する力が付きそうですね嬉 Wハート

お読み頂きありがとうございます
皆さんの子育てが楽しくなりますように
 

勇気づけリーダー
アンドリューズ美和子

黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線
 世界で冒険出来る子供を育てる
【勇気づけ】×【子ども専門ネイティブ英会話

 

栃木県宇都宮簗瀬 学童 英語 外国人