【勇気づけの子育て】

第二子のアイリが生まれて3週間5月

第一子のカイの行動を見ていると、試行錯誤しながら、どう行動すればよいのか探っているのが分かります

第一子のカイ、アイリが生まれる前は、ハグや抱っこはしたがらない子でしたboy

私がスキンシップと思って、カイをハグしたり、ベッタリしても、

息子「Go away, mommy!(ママ、あっち行って)」と、そっけなくかわされていました汗

それが、アイリと過ごすようになって数日後から、私の膝に乗って来たり、

息子「Look, mommy!(ママ見て)sei

と言って来たり、私やパパがベッタリしても嫌がられなくなりました☆

下の子が生まれると、それまでより注目されなくなってしまうので、「こんな行動するのかな?」と予想していた通りでした妄想

そして、そんな時は、状況が許すようであれば、思いっきり甘えさせてあげます。 十分に甘えると、自分からスッと離れていきますキラキラ

下の子が生まれて、上の子は今までの様に注目されなくなりました汗

でも、上の子はこの状況でどうにか自分の立ち位置を見つけなくてはいけませんフラッグ

この状況で、私は2つの事に気を付けて上の子に接しています人差し指

①  上の子が貢献してくれた事に勇気づけをする

お手伝いをしてくれた事や、下の子のお世話をしている間待っててくれた事、一人で食事をしてくれた事など、よく探すと上の子が貢献してくれている事は沢山ありますキラキラ

そこをいちいちピックアップし、「ありがとう、助かるよ」と勇気づけしていきます

人の役に立つ事で幸せを感じる事が出来れば、将来生きやすくなりますね嬉

②  甘えたいなら思いっきり甘えさせる

勇気がある子は、心のガソリンを満タンにしたら(十分甘えたら)また元気になって活動する事でしょうお天気サンサン

気を付けたいのは「甘やかす」事をしない事!

子供がすべき課題を大人がやってあげてしまう事は「甘やかし」ですNO

「甘えさせる」けど、「甘やかさない」、頭に置いて行動するようにしています好

下の子が生まれてすぐに、ポジション的には「お兄ちゃん」になりますが、心や行動まですぐに「お兄ちゃん」になるわけでは無いですよね↓

ゆっくり時間をかけながら、息子のペースで新しいポジションを確立出来るようにサポートしていきたいと思います双葉 双葉

お読み頂きありがとうございます
皆さんの子育てが楽しくなりますように
 

勇気づけリーダー
アンドリューズ美和子

黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線
 世界で冒険出来る子供を育てる
【勇気づけ】×【子ども専門ネイティブ英会話

 

栃木県宇都宮簗瀬 学童 英語 外国人