【勇気づけの子育て】

 

2016427日、午前02分、アンドリューズ家の第2子を出産しました。

3775gの大きな女の子です。

 

 

大きな頭や幅の広い肩が引っかかりなかなか出て来られず、

助産師さんは赤ちゃんの頭を引っ張ったり、肩をくるくる回してみたり。

助産師さんにされるがままに身を任せて、やっと出てきました。

赤ちゃんは真っ赤でぐったりして見えたので、真っ先に考えたのは「大丈夫かな?」って事。

すぐに泣きだしてくれたので、「無事に生まれてくれて何より」とほっと一安心。

20160428_071024.jpg

赤ちゃんが生まれて来る時、親が一番に願うのは、無事に生まれてきて欲しいって事。

命を落とす赤ちゃんもお母さんもいる出産、生まれてきてくれただけでミラクルです。

20160428_071153.jpg

勇気づけの子育てで言う「子供を尊敬する」って事は、その子の存在その物を尊敬するって事。

生まれてきただけで尊敬するべき素晴らしい存在だって事です。

 

普段もそれを忘れない様に2才の息子に接するようにしているつもりでしたが、徐々に「何ができる、何が出来ない」って日ごろの目の前の事に気を取られ、一番大切な事を忘れかけていたようです。

今回の出産でまた初心を思い出させてもらいました。

昨日の出産からたった1日ですが、生まれてまだ数十時間のベイビーに教えてもらう事ばかりです。

 

「勇気づけの育児」と言ってますが、勇気づけられているのはどうやら私達親の様ですね。

子供のパワーはすごいです。

これからの新生児育児、兄弟育児が楽しみでたまりません。

お読み頂きありがとうございます
皆さんの子育てが楽しくなりますように
 

勇気づけリーダー
アンドリューズ美和子

 
黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線
  世界で冒険出来る子供を育てる
【勇気づけ】×【子ども専門ネイティブ英会話

 

栃木県宇都宮簗瀬 学童 英語 外国人