【勇気づけの子育て】

「それはダメ!」と、自分の価値観を相手に押し付けるよりも、

相手の心に届きやすい言い方がありますハート

朝、隣の部屋にいた息子とパパ親子(パパ&男の子)

こんな会話が聞こえてきました耳

息子「アイスクリーム、プリーズ!Kai eat ice cream now(カイ今アイス食べる!)きゃはっ♪

パパ「アイスは夕食の後、デザートに食べよう。今は朝だからやめとこう。あげられないNO  」

息子はゴネて、半泣きぅぅ・・・

何とかアイスをもらおうと交渉を続けましたが、パパは交渉に応じず、息子もあきらめて朝食を食べました目玉焼き

その後、アイスの事は口にせず、日ごろと変わらぬ朝でしたお天気サンサン

パパはお仕事に出かけ、私は洗面所に水道(シャワー)

洗面所からキッチンに戻ると、冷蔵庫に目が留まりましたキョロ

開いてますね、冷凍庫・・・

嫌な予感です・・・

そして息子の姿が見当たりません消える

ベランダのサッシが開いていたのでベランダを確認すると、

道行く人に「ハロー」と言ってまったり人間観察中の息子boy

その手には・・・

嫌な予感通り、アイス食べてます汗

ここでどう対応しようか、ちょっと考えてから息子に話しかけました想像

感情を使って怒るより、「共感⇒意見を伝える」の基本を頭に置いて対応です人差し指

私「カイ、何してるのー?

息子「アイスクリーム!Look!People, walking!(人が歩いてるよ、見て!)手  」

私「そっか、人が歩くの見ながらアイス食べてるんだ。美味しそうだね。」

息子「Yummy.(おいしー)好

真剣な顔で話しを続けます。

息子は笑って聞いています。

私「カイ、パパとアイスのお話ししたの覚えてる?朝食べないで、夜デザートに食べようってお話ししたよね。」

息子「Oh, really?(ホント?)ぎくっ

私「うん、お話ししてたよ。でも今食べちゃったら夜一緒に食べられないね。ママ悲しいな苦笑

朝アイスを食べる事は「悪い事」ではなくて、「親のして欲しくない事」です汗

だから、「ダメ」とは言わず、して欲しくない事をされた時の感情を「悲しい」と伝えました花

私「夜一緒にアイス食べたかったから、今カイが一人で食べちゃって悲しいの↓

ニヤニヤしながら私の話を聞く息子ふ

私「アイスにフタして冷凍庫にしまって置くのはどう?そしたら夜一緒に食べられるんだけど寂笑

息子「NO-. Kai eat ice cream!(ヤダ!アイス食べる!)むっ

私「そっか、じゃーあとどれ位食べる?

息子「んー、2分!きゃはっ♪  」

私「じゃー2分経ったらフタして冷凍庫にしまえる?

息子「OK!!5

すぐに止めて冷凍庫にしまって欲しいところでしたが、息子も納得出来る方法を探す事を優先しましたキラキラ

そして2分後・・・

私「2分たったよ。はい、カップとフタどうぞおんぷちゃん

息子はため息交じりに「OK」と言いつつ、アイスにフタをして、冷凍庫にアイスを戻しました冷蔵庫

私「アイス閉まってくれてありがとう。これで夜パパと一緒に食べられるね嬉

今回アイスを食べる息子を「ダメでしょ!」と怒り、アイスを取り上げる事も出来ました怒

でもそしたら何を学ぶでしょうsei

お友達の行動が自分の価値観に沿わなかった時、「ダメ!」とお友達の行動を否定し、自分の思ったように動かそうとしないでしょうか↓

私は息子がお友達にそういう対応をする事を望みませんNO

お友達と話し合って、ちょっとずつ妥協しあって、お互いに納得できるWin Winの解決策を見つけられるようになって欲しいです好

子供の行動に、自分の日ごろの行動が反映されていてドキっとする事が良くありますが、
息子に望むなら、まずは自分が見本を見せてけるようにしていきたいですおんぷ。

お読み頂きありがとうございます
皆さんの子育てが楽しくなりますように
 

勇気づけリーダー
アンドリューズ美和子

黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線
 世界で冒険出来る子供を育てる
【勇気づけ】×【子ども専門ネイティブ英会話

 

栃木県宇都宮簗瀬 学童 英語 外国人