【勇気づけの子育て】

私はよく息子と話し合いをします話す

100か0かの答えじゃなく、出来るだけお互いに納得できる、

Win Winの答えを探すためですキラキラ

なぜなら、交渉力は良い人間関係を築くことに大きく関係してるからなんです人差し指

「交渉」と言うと、なんか難しそうに感じるので、「2歳児と交渉」って言うと「???」って思ってしまうかもしれませんが、

実際行っている事は、息子と意見の違いがあった時に、話し合ってお互い納得できる答えを見つけるという事ですハート

例えば・・・

ビデオは朝30分と決めている我が家、

私「もうすぐ30分だね。あと何分ビデオ見る?

息子「10ミニッツ!

私「そっかー、10分か。もうすぐお出かけだから、もう少し短い5分はどう?

息子「んーーーー、OK!OK  」

私「ありがとう。じゃー、タイマー5分にセットしておくね。なったらビデオ消そうねおんぷちゃん  」

初めは5分後に消したくなくて泣く事もありましたが、二人で決めた事なので、ニコニコ顔貫きました寂笑

私「まだ見たいんだね。でも5分たったから消すね。」って感じで。

そして今では、時間になるとすんなりとビデオを止めるようになりました☆

まだ、時間の感覚がつかめていない息子、

長く見たい時は「10分」と言いますboy

10分より5分のが短くて、もっと短いのが2分って事は分かっているようです目

こんな感じの交渉を、息子が1才の頃から続けてきました赤ちゃん

初めは、息子からアイデアが出てくることはなかったので、「うん」と言ってくれたら、同意してもらった事にしてました。  

根気よくこんなやり取りを1年近く続けてきて、最近、息子の方から交渉をしてくるようになりました草

一緒にお風呂に入っていた時の事、湯船の中で遊びに夢中な息子に話しかけましたふきだし

私「カイ、まだお風呂入ってる? もう熱くなっちゃったから先に出るね苦笑

すると、息子に腕を捕まれ話しかけられましたsei

息子「5ミニッツ、マミー、5ミニッツ、おふろお

私にあと5分一緒にお風呂に入っていて欲しいそうですお風呂

そのまま要求を聞き入れても良かったのですが、ホントに熱かったので出たかった私、

私「そっかー、あと5分入っててほしいんだね。でも熱くて出たいんだ。2分はどうかな?

息子「んーーーーーー、OK! 2ミニッツ!GOOD

交渉成功です!!2

私「分かってくれてありがとー。じゃーあと2分一緒に遊ぼう!おんぷ。

そして、楽しく2分位遊び、

私「2分たったから出るね。出るとき教えてねー嬉

そう言って、先に出ました。

たまに息子は一人でお風呂に入りますが、安全のため声が聞こえる範囲で行動していますお天気サンサン

今朝も息子と新しいパターンの交渉ですふきだし

朝が弱い私汗

目が覚めてから、5分は布団の中でダラダラしてたいんですが・・・

私が起きた事に気付いた息子、リビングから走ってきました走る

勢いよくドアを開けて、

息子「グッドモーニング、マミー、レッツゴー!きゃはっ♪

私の手を引き、リビングに連れていきたいみたいです。

私「カイ、おはよう。あのね、起きたばっかりで、もう少し時間が欲しいの。5分だけ一人にさせてくれないかな?苦笑

息子はあっさりと「OK! 5ミニッツ!バイバーイ!sei  」

と言って、寝室を出ていきドアも閉めてくれましたドア

そしてリビングでパパに、

息子「マミー、5ミニッツ、スリーピングねむぃ・・おねんねするー!

とお話ししていました。

5分後、私は起きてリビングに行き、息子に感謝を伝えましたハート

私「5分たったから起きてきたよ。待ってくれてありがとう。ゆっくりできたよ音符  」

「良い」か「ダメ」か。

GoodかBadか。

「勝ち」か「負け」か。

これらは0か100かの考え方ですね人差し指

この判断をいつも親がしていると、子どもは自分で考える事をしなくなります↓

判断に困った時、ママの顔を見るようになりますキョロ

ママが「良い、ダメ」の判断をしてくれますからね汗

「これボクのー!怒 」と言いながら、

おもちゃの取り合いをお友達としている時、

視線がお友達じゃなくてママに向いている子も、

「ママ、悪いのはお友達でしょ!?僕は悪くないよね。助けて。」と、

ママの判断、指示を待っているからかもしれません 。

0か100かで考えるとき、100の人は正しい勝者、0の人は間違っている敗者、となってしまいます。

この考え方だと、良い人間関係を築くのは難しそうですね汗

では交渉をして、二人ともWin Winになるような、お互いが納得するような答えを見つけ出す事が出来たらどうでしょう?

なんか、人間関係がうまく築けそうな気がしませんか !? 

「人間関係」と言うと、難しそうに感じますが、子どもの事でいうと、「お友達との仲」って事ですね子供 

おもちゃの取り合いになった時、

「じゃあ、あと○分遊んだら交換するのはどう?」とか、

「これは貸してあげられないけど、あっちのだったらいいよ」とか、

お友達と交渉をし、お互いが気持ち良いと思える最善を見つけて欲しいと思っています好

そのために、今、小さなことでも息子と交渉をし、考えて決定をする練習をしています花

まずはママと交渉の練習をし、お友達と交渉できるようになれば、

大人になった時に、自分にとって、相手にとって、どうする事が最善なのかを考えて

行動出来る人になるんじゃないのかなぁと思います ハート

お読み頂きありがとうございます
皆さんの子育てが楽しくなりますように
 

勇気づけリーダー
アンドリューズ美和子

黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線
 世界で冒険出来る子供を育てる
【勇気づけ】×【子ども専門ネイティブ英会話

 

栃木県宇都宮簗瀬 学童 英語 外国人