【勇気づけの子育て】

最近裸で服を拒否する息子。

この日はオムツも履かない。

で、家に置いてけぼりになりました。


自分の行動に責任を持てる様になるため、自分の行動の結末(結果)を自分で体験してもらいます。

その「結末」には2種類あります。

①自然の結末
②論理的結末



①自然の結末
行動の結果、自然に起こる結末。ご飯を食べない→お腹が空く
コートを着ない→寒い思いをする
などです。


②論理的結末
前もって決められた、行動と関連のある、論理的な結末。
「レストランでうるさくしたら家に帰ると約束」→うるさくする→食事を中断し、家に帰る。


今まで息子には、①自然の結末をたくさん体験してもらいました。

②論理的結末も、必要な場面では実践してみましたが、息子の思考の成長が伴わず、難しかったです。


でも、2才1ヶ月になった今、だんだん高度な会話や交渉も出来るようになり、②論理的結末を実践出来る機会が持てる様になってきました。

お正月休みのこの朝、パパに近所にお使いを頼みました。

パパは自転車で行くことにしました。

そして、

パパ「カイ、一緒に自転車でお出かけする? 公園行こうか?」

息子「イェーイ、バイセコー、レッツゴー!」

パパ「じゃー、気替えたら出発しよう!」

息子「ok!」



私が手伝いパジャマを脱いで、オムツを脱ぐと、いつもの様に走り出しました。

きっと本人は遊んでるつもりなんでしょう。

でもこっちはいつもの事で面倒になってきてます。

私「服着ないの? 着替えて自転車乗るんでしょ?」

ふざけて走り回る息子。

私「パパと、着替えたら行こうって話したよね。自転車乗らない?」

私の様子を伺いながら、走り回る息子。

明らかに、置いて行かれるはずがないと思ってますね。

今まで、結局はなんとか着替えさせ、置いて行かれた事はないので。



ここで私はコソっと主人に相談。

主人も快諾。

リビングにはオムツも履かずに遊ぶ息子。

パパ「洋服気ないの?」

ニヤニヤ様子を伺う息子。

パパ「ok! じゃあ一人で行ってくるね。 バイバイ!」

焦る息子。

玄関に向かうパパを必死で追いかけ

息子「No!No!No! ちょっと待ってー。」

泣きながら、パニクりながら、なんとか引き留めようと必死です。

でもパパは止まりません。

靴を履いて玄関を出ます。

うなだれて泣き叫ぶ息子。

息子「No-、ダディー。バイセコー。」

むくっと立ち上がり、急いで私にオムツを手渡す息子。

洋服も手渡して、今までに見たことない位のスピードで着替えをしました。

着替えがく終わると、玄関を開けようと必死です。

でも開けられない。

大泣きする息子。

私「パパ行っちゃったね。残念だね。」

そういって、この話題は終わらせました。

少しかわいそうに思ったりもしますが、自分の行動の結末です。

頑張れ息子!

初めのお出かけは、残念な結果に終わりました。

でも、また次のチャンスもあっても良いはず。
息子が落ち着いて一人遊びを始めたので、また新たな話題として息子に提案をしました。

この「2回目のチャンス」、私の中で気を付けている事があります。

それは、必ず、前のストーリーを終わらす事。

息子が泣いてぐずっている間に「2回目のチャンス」を与えてしまうと、結局「泣けばまたチャンスをくれる」と考えてしまうんじゃないかなと思うんです。

「どうせまた2回目あるんでしょ?」と。

だから、息子が1度目の事はあきらめ、楽しく一人遊びを始めたタイミングで提案しました。

私「カイ、パパと自転車で公園行きたい?」

息子「うん、パーク、ダディー・・・」

ちょっと悲しそう。

私「パパ帰って来たら、公園に行けるかお願いしてみる?」

息子「Yes.パーク!」

すぐにバッグを持ってきて、玄関に向かいます。

後を追いかける私。

靴を履いて、玄関を出ました。

自転車置き場につきましたが、まだパパはいません。

私「パパ、まだ帰ってこないね。 帰ってきたら頼んでみようね。」

ウロウロしながら時間を潰していると、パパのお帰り。

20160109_070739.jpg

息子「ダディー、レッツゴー、パーク、ここ、こっち、Go Go Go!」

パパ「おー、洋服着られたんだね。じゃあ一緒にお出かけ出来るね。OK!公園行こう!一緒に行けて嬉しいよ!」

ハイテンションで喜ぶ息子。

元気に私にバイバイして、公園に出かけて行きました。

20160109_070940.jpg

息子はこの経験から何を学んだんでしょう。

1度目は、論理的結末を体験してもらいました。

そして、2度目は、洋服を着てパパと楽しく公園に出かける事ができました。

この経験から何を学ぶかは、私が決められる事ではありません。

でも、着実に一歩ずつ、毎日成長しているのを側で見てられるのは、今だけ。

ありがたいですね。

お読み頂きありがとうございます
皆さんの子育てが楽しくなりますように
 

勇気づけリーダー
アンドリューズ美和子

 
黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線
  世界で冒険出来る子供を育てる
【勇気づけ】×【子ども専門ネイティブ英会話

 

栃木県宇都宮簗瀬 学童 英語 外国人