【勇気づけの子育て】

「静かにしてっ!」「走らないでっ!」

そう子供に言う時、それがダメな理由をちゃんと説明していますか?

大人の常識、もしかしたら子供は知らないかもしれませんよ 汗

あなたが楽しんでいる時に、いきなり上司に言われたとします。

「それ触らないで! そこもダメ! 喋らないで!」

えっ、なんで?

どうして、ダメなんだろうと思わないでしょうか?

そして、ダメな理由が分からなかったら、また同じような状況で同じ事を繰り返さないでしょうか? 

それから、そんな事が頻繁にあると、何か行動する前に、上司の顔色を伺うようにならないでしょうか?

実は、これと同じ事、私達は子供にやりがちなんです人差し指

例えば、電車のシートに靴のまま立った子に「だめ!座りなさい!」と言ったとします。

これを言われた子は、なぜそれをしちゃダメなのか、理由を分かったでしょうか?

問題が起こってしまった時は、理由を説明するチャンス!!2

なぜダメなのか、理由がわかると、次回の再発予防にも役立ちそうですね嬉

でも私がもっともオススメの方法は、問題が起こる前に子供と話し合いをして、予測できる事に対して子供と合意をしておく事ですおんぷちゃん

今週、息子と私と主人の3人で新幹線、電車を乗り継いで旅行をしました江ノ電

電車が大好きな息子は、駅に着くと大興奮好

何も言わずに電車に乗れば、興奮のあまり、走り回って大きな声でしゃべるだろうと想像できました想像

そして、息子は今まで数えるほどしか電車に乗った事がないので、電車のルールをしっかり把握できていません汗

ここは、予想できる問題に対して、あらかじめ話し合っておく事が出来そうです。

まずは共感からハート

私「カイ、電車に乗れるの嬉しいね。いっぱい電車乗れるよ。楽しみだねーWハート

息子「これー、チューチュートレイン!イェーイ!GOOD

息子のテンションMAX!!5

そしてルール説明人差し指

出来るだけ「○○はダメ」とやっちゃダメな事を伝えるのではなく、「○○しようね」と、どうすれば良いのかを伝えます・・・

私「電車乗る時にね、みんなが守るルールがあるの。聞いてくれる?  」

私「電車では椅子に座ろうね。歩くと周りの人が困っちゃうんだ。

それとね、お話しは小さな声でしようね。大きな声だすと、周りの人の迷惑になるの苦笑

とりあえず、電車に乗る前の説明はこの2つにしました。

あまり言いすぎると分からなくなっちゃうと思ったので。

私「ルール守れるかな?守れないと電車に乗れないの。守れそうなら一緒に電車乗りたいんだけど、どうかなぁ。」

息子「OK!  チューチュートレイン!きゃはっ♪

とりあえず、ルールに同意ですね☆

後は何度も言わず、電車に乗ります江ノ電

初日の電車は、鈍行90分、新幹線4時間目覚まし時計

さてどうなる事か・・・

この続きは次回、「ルールを守れなかった時にはどう対処するか」と共に書こうと思います鉛筆

(って、ネタバレですね。新幹線で、息子はぐずって大声を出して走り回りました汗

お読み頂きありがとうございます
皆さんの子育てが楽しくなりますように
 

勇気づけリーダー
アンドリューズ美和子

黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線
 世界で冒険出来る子供を育てる
【勇気づけ】×【子ども専門ネイティブ英会話

 

栃木県宇都宮簗瀬 学童 英語 外国人