【活動記録】

4ヶ月に渡って、自分に合った起業の仕方や、作り方を学んできた『起業の学校』も今日で最終回。

講義・ワーク・個人セッションを通して、新しい思考や考え方を学んできました鉛筆

ずっと習いたかったマインドマップも習えたし、

「収入を増やす」事を考えるんじゃなくて、「ファンを増やす」事を考える事などなど、

初めて聞くこと満載で、
これからやりたいことのアイデアが止まらずないペン

今の私の課題は時間管理だぁ時計

そんな中でも、一番度肝を拔かれた考え方がこれ。

『被害者を増やさないで!』

「被害者を増やさない為にも、自分の起業を成功させてください!」byマッチー先生

どういう事かと言うと…

マッチー先生「自分と似たサービスを、もっと高い値段だったり、粗悪な質で提供している会社、見た事ありません? 」

マッチー先生「そこに通ってるお客さんを見て、『もったいないな。私の所に通ってくれたら良いのに』って思いません? そこに通うお客さんは、知らずに通っている被害者なんです。」

マッチー先生「自分のサービスをより多くの人に知ってもらって、通ってもらう事は、そういう被害者を出さない事に繋がるんです。どうか被害者を救ってあげて下さい。」

ぶったまげました。

確かに、起業を決断した時、「話せるようになる英会話」にすると心に決めました。

当たり前に思うかもしれませんね。

でも、私の感覚では9割以上の子ども英会話スクールで、そこへの登園だけでは話せるようになっていません。

まさに、マッチー先生の言う「知らずに通う被害者」ですね。

そんな「将来の被害者」を救う為にも、沢山の方にファンになってもらえるよう、頑張ります。