【勇気づけの子育て】

「何やってるの?! ダメっ! あんたは本当にもう…」
こう言われたら悲しくないですか?
でも、子供を悲しませずに、伝えたい事を伝えるって事も出来るんです。

息子(1歳11ヶ月)と、いとこちゃん(1歳2ヶ月)。

近くに住んでいるので、よくおばあちゃんの家で遊びます。

この日は一緒にお昼を食べました。

二人共、一人で食べられるので、並んでお食事。

二人が夢中で食べてるのはソーセージパスタ。

お皿が空になると、

息子「モアモア、プリーズ(もっとちょうだい)」

いとこちゃんママにお代わりをよそってもらいました。

いとこちゃんもサインベイビー。

赤ちゃん手話で「もっと、もっと」とお願いしてお代わりを貰います。

サインを使えば1歳2ヶ月で自分の要求が伝えられるんですね。

ソーセージを食べ終わった息子。

マカロニはまだ残ってます。

息子「ソーセージ、プリーズ」

私「ソーセージ美味しいね。もっと食べたいね。お皿のマカロニ食べたら貰おうか。」

最近、沢山お皿に取って、食べきれずにいっぱい残す事が多かった息子。

数日前に、食べる分だけお皿に取る練習を始めたところです。

ふてくされながらもマカロニを食べる息子。

食べ終わると、

息子「ソーセージ、プリーズ」

またソーセージパスタをもらいました。

マカロニを寄せながら、ソーセージだけ完食。

またソーセージがほしい息子。

私「お皿が空になったらもらおうね。」

考える息子。

どうするのかと観察していると…

いとこちゃんのお皿にマカロニを移動ひゃ~・・・

ずるーい!

でも、良く考えましたね!

自分のお皿は空になりました。

私は「お皿が空になったら…」と言いました。

ちゃんと意味を理解して、考えて行動したんですね。

ただ、私が意図してた事とは解釈が違っちゃいましたね。

私「良く考えたねー。お皿空になったね。でも自分で食べて空にしてくれるかな?カイの食べ物だから、いとこちゃんは要らないと思うな。」

今回の出来事、ただ「ずる賢い」って見方をする事も出来ます。

でも、私は息子の成長に感動をしました。

言われてる意味を理解して、

自分でどうすれば解決出来るか考えて、

自分なりの考えに基づいて行動しました。

息子がそうやって行動出来る事を誇りに思います。

子供が自分で考えて行動出来る様にサポートする育児で、考える力が付いてきています。

だけど今回、以下の2点は伝えました。

・人のお皿に食べ物を勝手に移動して欲しくない事

・お皿を空にするというのは、自分で全部食べるという意味だということ。

注意する時は、人格や思いは否定せずに、行為だけを注意するようにしてます。

なぜそうするかって?

長くなったので、また次回書きますね。

お読み頂きありがとうございます
皆さんの子育てが楽しくなりますように
 

勇気づけリーダー
アンドリューズ美和子

 
黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線
  世界で冒険出来る子供を育てる
【勇気づけ】×【子ども専門ネイティブ英会話

 

栃木県宇都宮簗瀬 学童 英語 外国人