【勇気づけの子育て】

「あー、ダメー!」と言ってしまいそうな時、

「この子はなぜこれをしたいんだろう?」と、子どもの気持ちを考えてみる妄想

思い切ってやらせてみると、行動の源になっている、優しい気持ちに気付く事があります

 20151109_064232.jpg

「子供の目で見て、子どもの耳で聞き、子どもの気持になって考える。」

これを実践するのは大変だけど、

実践できているか分からないけど、

でも、

この考え方を持って子供の行動を見てると、

ただの「迷惑行動」に見えていた事の裏に、

素敵な気持ちが隠れていた事に気付く事があります好

最近息子はこの犬とライオンのぬいぐるみが大好きWハート

特に犬を溺愛してます犬

ご飯を食べさせてあげたり、

一緒にお出かけしたり、

20151109_064713.jpg

園に連れていく事も保育園

IMG_20151109_070336670.jpg

勇気づけ&縦割りのこの園では、ルールだから持って来たらダメとは言われませんピース

「カイ君はまだ小さいからぬいぐるみ持っててもいいの」 と、

他の園児も見守ってくれているようですハート
IMG_20151109_070336264.jpg

数日前の出来事・・・

普段はベッドに入ってから話しかけてくることはありませんが、

ベッドに入ってから10分後、息子の部屋の前を通ると、

私の足音を聞いた息子は、

息子「マミー、ドッグ、プリーズ、ヘルプー」しょぼーん

何をしてほしいんだろうと思っていると、

ぬいぐるみがリビングに置きっぱなしになっているのを発見びっくり

ぬいぐるみをベッドに持っていくのを忘れたんですね。

リクエストに応え、ベッドまでお届けしましたベッド###

そして昨日、どうしようかと思う事がありましたもやもや

お風呂に一緒に入るっていうんです汗

大人の常識が先行し、「やめさせたい」と思いました。

でも、力づくでやめさせるのは違いますよねサゲ2

だからまず、「この子はなぜこれをしたいんだろう?」と、

息子の気持ちを考えてみました想像

そして息子に交渉をしました人差し指

私「犬はお風呂入るとびしょびしょになっちゃうから、

リビングに置いて行ってくれると嬉しいんだけど苦笑

息子「No! Dog, Bath.(ヤダ、犬、お風呂)むむ

私「そっか、一緒に入りたいんだね。脱衣所で待っているのはどうかな?」

息子「No!!5

絶対に一緒に入りたいって事は譲ってくれなそうなので、次の提案。

私「じゃー、ひとつお願いがあるの。

犬がお風呂に入ると、その後床がびしょびしょになって困るんだ。

タオルだけじゃ足りないの。

だから、お風呂入った後、犬には1分間洗濯機にも入ってもらいたいの。

そしたら床も濡れないから助かるな。お願いしても良いかな ?

息子「・・・・・、OK!

何とかOKがもらえました。交渉成立!

たぶんなんで洗濯機に入れたいかって事も、

脱水したいって意図も分かっていないと思いますが、

とりあえずOKがもらえましたOK

嬉しそうに犬とお風呂に入る息子男の子

20151109_070310.jpg

お風呂に入ると、犬の体をスポンジで洗ってあげたり、

ガーゼで鼻の下を拭いてあげたり、色々とお世話していました。

最近、鼻水が出ている息子の鼻を私が良く拭くので、真似してるんですね☆

「この子はなぜこれをしたいんだろう?」の答えは、

「お風呂で犬のお世話をしてあげたいから」だったようですキラ☆

無理やりやめさせなくて良かったです。

無理やり従わせたら、息子の「お世話してあげたい」って気持ちまで

否定する事になっていたかもしれません汗

そして、お風呂終了。

お湯が滴る犬を持って脱衣所へ・・・

脱衣所の床はびしょびしょです。

私「見て、犬から水が出て床が濡れちゃったね。洗濯機で水とってあげようね寂笑

犬を洗濯機に入れようとすると、必死に抵抗する息子。

息子「NO!NO!NO-!赤ちゃん

私「でも床が濡れて困るの。約束だから、1分間だけ洗濯機に入れようね。」

泣き崩れる息子泣 

でも犬を取り返そうとはしません。

やらなきゃいけないのは分かっているようです。

10秒ほどで泣き止み、洗濯機を見つめていました目

約束通り1分間だけ脱水にかけ、息子に犬を返しました犬

私「はい、どうぞ。もう犬濡れてないね。床もびしょびしょにならなくて助かるよハート

ちなみにこの後数日間、犬と一緒にお風呂に入るとは言いだしてませんGOOD

一度入って満足したのかもしれませんねおんぷ。

こんな些細なことですが、息子の貢献心が育っている事に感動を覚えた出来事でしたハート

このお風呂の件で、わたしは、ひとつアドラー流のプロセスを踏んでいます人差し指

勇気づけの子育てママ達は、気づいているかもしれませんね。

「息子の課題」「共同の課題」にするというものです

自分のぬいぐるみをどう扱うかは息子の課題ですboy

でも床が濡れると困るのは家族レディ

息子の課題に介入するためにはどうしたらよいか?

「子供の課題」を、親子で一緒に取り組む「共同の課題」にするんです。

それには絶対に欠かせないプロセスがあります落書き

これについては次回ゆっくり書きますね笑顔 Wハート 

最後までお読み頂きありがとうございました。
みなさんの子育てがちょっと楽しくなりますように。

勇気づけアドバイザー アンドリューズ美和子
黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線
世界で冒険出来る子供を育てる
【勇気づけ】×【子ども専門ネイティブ英会話】

パソコンアドベンチャーイングリッシュHPパソコン
栃木県宇都宮簗瀬 学童 英語 外国人
facebook「いいね」でブログ最新記事をいつでもいいね!