【勇気づけの子育て】

息子の通う勇気づけの園、園長先生にある相談をしました…”

園長先生「アドラー流で育てるとそれは通る道なんです。

でも、それを乗り越えなきゃならないんです。」

私がした相談それは、「息子の自己主張が激しく、口調や態度も偉そうだ」と言う事汗

例えば・・・

スーパーで手にしたこれ全部、買いたくてレジの人に勝手に渡すこれ↓

一度レジを離れ、全部は買えない事を説明人差し指

床でバタバタしたり、私から逃げたり、交渉にかかった時間は10分泣

朝、息子の着替え途中、料理をしてる所を気付かれましたびっくり

裸のまま料理するそうです・・・汗☆

洋服を着てから料理するという私の意見は却下凹

熱いフライパンと油跳ねにヒヤヒヤしながら見守りました困

スプーンで食事してましたが、いきなり「チュー、チュー」と言い出しました??

私が分からずに聞き返していると、イスを降ろせと要求いす

フォークを二つ取り出し、「チュー」ご飯

あ、「Two(ツー、2)」って言ってたんですね。

二つフォークを持ってイスに座り、満足気に食べだしましたあははっ

最近、どのお箸フォークを何本使うか、こだわりが激しいですむむ

家族でお散歩中、一人で走っていき、遠くにいる私達をみて、

息子「Mommy, come on!(ママ、来て!)」sei

hurry up, daddy!!5 (パパ、急いで!)

超命令口調です汗

幼いころからアドラー流の対応をしていると、子どもの勇気がくじかれていない分、

子どもは自己の意見を主張出来る様になります双葉

だから、主張が強すぎる様に感じる時期は通る道なのだそうです道

これを私なりに考えた時、こんな考えに当てはめるとしっくりきました。

桃色棒 桃色棒 桃色棒 桃色棒 桃色棒 桃色棒 桃色棒 桃色棒 桃色棒 桃色棒 桃色棒 桃色棒 桃色棒

人に物を頼むときの4つのパターン

(愛と勇気づけの子育てセミナーSMILEより)

1 主張的な頼み方(相手を傷つけず、自分の要求を受け入れてもらえる)

2 非主張的な頼み方(相手を傷つけないために自分の要求を引っ込める)

3 攻撃的な頼み方(相手を傷つけてでも自分の要求を通そうとする)

4 復讐的な頼み方(相手を傷つけ自分の要求もあきらめる)

桃色棒 桃色棒 桃色棒 桃色棒 桃色棒 桃色棒 桃色棒 桃色棒 桃色棒 桃色棒 桃色棒 桃色棒 桃色棒

息子には、「1、主張的な頼み方」が出来る子になって欲しいです好

それに必要なのは、

A、自分の主張が出来る」+「B、相手を傷つけない伝え方」

だと思うんですキラキラ

そう考えた時、息子が行っている激しい自己主張や、偉そうな口調はAに当てはまります。

私の目的とする「主張的な頼み方が出来る子」になるために欠かせない要素だと分かります!

この行動自体を否定し、やめさせる事はもったいない事ですね汗

あとは、「相手を傷つけない言い方」。

これについては、じっくり時間をかけて覚えて行ってもらおうと思いますえんぴつ

人に迷惑をかける事、人を不快にさせる事についても、しっかり伝えていきますハート

今目の前で行われている、不適切な行動や、口出ししてしまいたくなる行動が、

目的に向かう為の一つのプロセスだと考える時、

目の前に起きている事だけに目を向けてイライラする事はナンセンスだと気付きます

日ごろ忙しい中で忘れがちな「子育ての目標」ですが、自分の行動に迷ったとき、

「今の行動で子育ての目標に近づくか」を考えてみると、

自分の行動を客観的にみられるかもしれませんね嬉 おんぷ。

最後までお読み頂きありがとうございました。
みなさんの子育てがちょっと楽しくなりますように。

勇気づけアドバイザー アンドリューズ美和子
黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線黄色い線
世界で冒険出来る子供を育てる
【勇気づけ】×【子ども専門ネイティブ英会話】

栃木県宇都宮簗瀬 学童 英語 外国人