【勇気づけの子育て】

「自分の子が歩き出すと嬉しいけどちょっと寂しい」とか、

「授乳終了は寂しい」とか、

子供の自立が嬉しい反面、少し寂しかったり、ママ達は複雑な気持ちですカオ

それは私も同様。

私が1番寂しかったのは、生まれた息子を抱いた時でした赤ちゃん

理由は、勇気づけの子育て、自立支援の子育てをすると決めていた事と関係します。

それまでお腹にいるベイビーを守る事が私の役目だったのが、

そこからは、自立支援が私の役目に変わりましたびっくり!!

もう息子は彼自身の人生を歩んでいるんだと思い、ちょっと寂しくなったのを覚えています苦笑

専門家によって意見は様々な意見があります本

アドラー先生は、5歳までにライフスタイル(性格)は決まると言いました人差し指

今のアドラー心理学では約10歳で決まると言います!

ある経済学者は6歳までの育て方で人生が決まると言いますキョロ

幼児期に身に着けた事は小学校~大学で学ぶ事より大きな影響を仕事に与えるという研究者もいますえんぴつ

細かい違いはあるけど、共通してるのは、幼少期の育ち方が、

その子の一生を左右するほど大きな影響を生むと言う事!

私は、この考え方に大きく賛成します ☆

自分自身の事を考えた時、長年の友達を見た時、小学生の時から性格がガラッと変わってる人はまれです。

大抵は、久しぶりに会ってもすぐに昔の感覚に戻れるほど、「変わってないねー」って話になります友達

幼少期に作られた考え方のパターンや「性格」と言われるスタイルを、

大人になっても続ける人が多いってことですねおんぷちゃん

これを考えたとき、本気で幼少期の育児に取り組むことって、

ちょっと視点を変えた見方をすると、効率的で経済的で効果的キラキラ

とってもお得だと思うんです好

幼少期に自分の事を自分でする事が当たり前になっている子は、

小学校に上がる頃には、大抵の事は自分で出来る様になっていると思うんですWハート

想像してみてください考える

子どもが小学校に上がってから、子どもがこうならどんなに嬉しい事でしょう♪

・「勉強をしなさい」と言わなくてすむ。

・朝一人で起きて、準備をして、学校へ行く。

・宿題や遊びのスケジュール管理を自分で行う。

・人の気持ちに寄り添った行動がとれる。

・自分で考えて行動をとれる。

自分の事を自分で行う事を幼少期に学んだ子達には、これは難しい事ではないとおもいます寂笑

私は、息子には6歳までには自分の事は一通り出来る様になって欲しいと思っています星

そして、小学校にはいったら、自分の考えで動き、サポートや軌道修正が必要な時には手を貸すといった、

一歩引いた育児のパターンに変えていこうと思っています花

こんな大人になって欲しいという長期の目標はありますフラッグ

そして、短期の目標もあります。

それは、「6歳児になった時、自分の身の回りの事を自ら進んで出来る子になって欲しい」と言う事です双葉 

それが、私がいま、幼児期の子育てを頑張る理由です嬉 ハート 

読んで頂きありがとうございました
「f シェア」 「いいね」 うれしいなー
栃木県宇都宮市で活動中
ベビー英語サイン教室
こども英会話スクール、
アドベンチャーイングリッシュ(準備中)

info@english-a.com
アンドリューズ美和子

親子英会話・こども英語・親子英語サークル
ベビーサインランゲージ
Facebook:www.facebook.com/adventure.utsunomiya
ツイッター:@Adventure_Eng