【勇気づけの子育て】

先日息子の風邪で、子どもが健康でいてくれる事のありがたさが身にしみましたが、子どもがいろんな事を出来る様になると、それを当たり前に感じて、感謝したり、そこを勇気づける事がおろそかになっていました。

 

フードコートで食事をした時の事。

お水を汲みに席を立ちました。

いつもの通り、自分のお水は自分で運ぶ息子。

それを見てた知らない方が・・・

「あら凄ーい。小さいのにねー。自分で運べるんだ。よく溢さないわねー。」

20151013_101925.jpg

それを聞いて、自分で食事の準備をしてくれる事を当たり前に感じ始めていた自分に気付きました。

席に着いたとき、いつもより心を込めて・・・

私「お水運びご苦労様。自分で運んでくれて助かったよ。」

と、息子に声をかけました。

 

そうだ、息子はまだ111か月。

自分の身の回りの事をしてくれるなんて、本当に助かる。

1年前は出来なかった事ばかりなのに、出来る様になるとあっという間に馴れてくる。

良くないね。

 

自分の持ち物を自分で運んでくれたり、

20151013_101959.jpg

 

喉が渇くと自分で水を飲んでくれる。

20151013_102116.jpg

 

毎日車まで自分で歩いてくれる。

20151013_102931.jpg

当たり前になりかけていた息子の協力的な行動に目を向け、

そこを勇気づけ出来る様、成長を見逃さないように、

「手をかけずに目をかける」事をもっと意識してみようと思う出来事でした。

読んで頂きありがとうございました
「f シェア」 「いいね」 うれしいなー


栃木県宇都宮市で活動中

ベビー英語サイン教室
こども英会話スクール、
アドベンチャーイングリッシュ(準備中)

info@english-a.com
アンドリューズ美和子

親子英会話・こども英語・親子英語サークル
ベビーサインランゲージ
Facebook:www.facebook.com/adventure.utsunomiya
ツイッター:@Adventure_Eng