【勇気づけの子育て】

素肌にジャンパー、おむつおむつ

どう見ても変質者苦笑

何を着て登園するかは息子に任せてます。

恥ずかしい? かわいそう? 今のうちに体験してもらいましょう♪

その体験から学ぶものは、無理やり服を着せるより大きいと思うんです花

息子の通う園は、勇気づけの園なので、子供が体験から学ぶこと、

自分自身の考えで行動する事を大いに応援してくれますWハート

だから、息子があんな格好で登園しても、変なものを持って登園しても、

「ルールだからダメ」という対応はしません。

あんな格好での登園を認めてくれます星

登園を初めて1か月、何を着て、何も持っていくかを息子に任せた結果、こんな登園風景になりました↓

上半身裸。

手にはシャツを持っています。Tシャツ

園について、「シャツ着る?」と聞くと「うん」。

車でシャツを着て登園しました。保育園

傘に裸足。あし

私「靴はく?」

息子「No.アンブレラ(傘)」と言い、傘だけ持って出発。雨

裸足好きな息子に、建物に入る時に足を拭く事を教えるチャンスになりましたキラキラ

サンダルを履いて、長靴は手に。長靴

園に着くと、長靴はいらないと、車に置いて行きました。くるま。

大人用の傘を持って出発。カサ

自分の傘が見当たらず、大人用傘を持っていきました。

車で自分の傘を見つけ、それを持って登園しました。♪

この日はいっぱい。

テディベア、お菓子入れ、おもちゃ箸。くま

何度も落としながら車に運びましたが、テディベアだけ持って登園。

登園後、先生がテディベアをロッカーにしまうと、一日出さなかったそうです☆

ブランケットを持って出発。タオル

このブランケットもテディベアも、特に思い入れがあるものじゃありません。

持っていきたいだけのようで、このブランケットは、園に着くと興味がなくなり車に置いていきました。くるま。

ブランケットとジャンバーを持って。

この日、この2つはひきづったり絡まって歩けなくなったりしながら園まで持っていきました。保育園

いつものように、帰りまでロッカーに入れて置いたんだと思いますハート

私がこれらの事に対してしている事、それは、出来てる部分に注目する事。

朝の準備を自分でやりだしたら・・・

「朝の準備してくれてありがとうハート

服を着た日に・・・

「自分で服を選んでくれて助かったよ♪

持ち出したものを車に置いて行った日に・・・

「車に置いて行ってくれてありがとう。 他の子が欲しくなっちゃうかもしれないもんね嬉

靴を履いた日に・・・

「靴を履くと汚れた足を拭かなくて良いから助かるよキラ☆

自分の行動が人の役に立つと思えば、嬉しくて、もっとやりたくなると思うんです。

これを逆に、出来ていない部分に注目すると・・・

「靴を履きなさい、服を着なさい、それ持って行っちゃだめムカ

となります。

もし、子どもがこう考えるようになったら・・・

「出来てる事はスルーされて、出来ていない時に声をかけてもらえるんだ。」・・・

この行動は止まるでしょうか?

ママに見てほしい時、どんな行動を取るようになるでしょうか?

そして、息子は園で、恥ずかしい思いをしたり、大きい子から注意を受けたりするかもしれませんふきだし<怒>

でもそれは、息子がした行動が招いた結果です。

息子が引き受けるべき結末です。

私は息子に、「自分の行動に責任を持てる人になって欲しい」と思っています好

恥ずかしい思いをさせたくないから、失敗させたくないからと、私が行動の結末を体験する機会を奪ってしまうと、

自分の行動に責任を持てる人」とは逆の事を教える事になってしまうと思うのです凹

今の所、息子の登園の姿について、園が困っているとの話をもらった事はありませんNO

おそらく、私物はロッカーにしまい、持ち出さないので、先生や他の子はあまり困っていないのだと思いますハート 

この園は親へも勇気づけの子育てについてアドバイスをくれ、指摘もしてくれるので、

息子の行動で困っていれば、必ず話があるはずです。

もし今後、危ないものや迷惑になるものを持ち出したり、

息子の登園姿について困っている」との話があれば、息子と相談を持ちます人差し指

そして、必要なら持ち物や服装を変えます。

子どもが体験し、考え、自分で行動を決定するフラッグ

家庭と園で一貫した姿勢の勇気づけの子育てが出来る環境がありがたいです双葉

ちなみに、息子の通う勇気づけの園はこちら。(栃木県小山市・宇都宮市)

読んで頂きありがとうございました
「f シェア」 「いいね」 うれしいなー
栃木県宇都宮市で活動中
ベビー英語サイン教室
こども英会話スクール、
アドベンチャーイングリッシュ(準備中)

info@english-a.com
アンドリューズ美和子

親子英会話・こども英語・親子英語サークル
ベビーサインランゲージ
Facebook:www.facebook.com/adventure.utsunomiya
ツイッター:@Adventure_Eng