【勇気づけの子育て】

子供に刃物を使わせるのはドキドキですよね。やらせてあげたいけど、けがも心配だし汗

我が家の息子の包丁デビューでの準備、注意した事と心構え、シェアしますね笑


最近息子(1歳10か月)は調理に興味がありありおたま

子供が興味を持った時が吸収する時、伸び時です↑

①準備

我が家では、数か月前に、息子専用の調理用品を準備しました。

場所は100円ショップ百円玉

子供用包丁を買いに行ったら、あったーWハート

くまもんのかわいい子供用包丁に、お玉、フライ返し、トングくまも

全部セットで買っちゃいました花オレンジ 

②使い方の説明

息子が私の包丁に手を伸ばすようになりました。

本人から興味を持ったので、教えるチャンスですね星

私「包丁つかいたいの? 切ってみる 」

息子「これー、プリーズ男の子

私「OK。じゃー一緒にお料理しよう♪.・。*

これは私の包丁だから、カイはくまもん包丁つかう?

私「持つのはここね。くまもんが見えるように、オレンジの所を持とうね。

ここを触ると痛いよ。指切って悲しくなっちゃうから気を付けてね!

普段は、あまり説明せず、息子に体験させて学ばせる事が多いですが、

包丁は危険を伴うので、あらかじめ使い方を教えました人差し指


③やらせてみる

何度か手を添えて、一緒に切ってみました

でも、予想通り一人でやりたがったので、すぐに撤退。

何度か、刃の部分を握ったり、上下逆に持ったりしてましたが、

何日かするうちにちゃんと持てるようになってきましたGOOD

大根など固いものを切りたい時は、「ヘルプー、プリーズ」と、

私に手伝ってほしいと言います・・・ 

こちらが先回りして、出来ないを判断して手伝わなくても、

必要な時は自分から助けを求めてくるんですね好

④心構え

子供に包丁を使わせるとき、一番大切で、ママにとって難しいのは、心構えだと思います。

それは、「多少手を切っても良い」と割り切る事。

そうは言ってもなかなか割り切れないですよねー苦笑

でも、そう決める事が大切だと思って、

グッと我慢して危なっかしくても出来るだけ手出しをせずに見守っています

ママが隣にいれば、子供が包丁で大ケガをする事はおそらくないですよね。

せいぜい指を切る程度。

指を切ると、痛いですサゲ2

痛いと、次どうすれば指を切らなくなるか、工夫するようになります

このチャンスを奪ってしまうと、子供は学ぶ機会を失ってしまいます。

だから、手出ししたいところをグッと我慢して、

出来るだけ手出しをしないようにしていますNO

⑤手を切った時

この豆腐を切った日、息子は初めて手を切りました生理 

小さな切り傷でしたが、血が出てくるのを不思議そうに見ていました?おまめ

私「血が出てるね。包丁で切っちゃったんだね。包丁が手に当たると痛いねー。」

などと言いながら、何が起こったのかを解説してました。

「これで包丁が危ない事、ちょっとは学習したかな?」

なーんて思ってましたが、これは私の早とちり汗2

「痛い?」と聞いても、何を聞かれているのか本人はピンと来ずに

ポカーンとしていましたポカーン

どうやら、このケガ、一切痛くなかったようで、すぐにまた作業に戻りました。


大人の思惑通りにならないのも子育ての面白い所ですね嬉 音符

この日の豆腐はスープにいれておいしくいただきましたスープ

読んで頂きありがとうございました
「f シェア」 「いいね」 うれしいなー
栃木県宇都宮市で活動中
ベビー英語サイン教室
こども英会話スクール、
アドベンチャーイングリッシュ(準備中)

info@english-a.com
アンドリューズ美和子

親子英会話・こども英語・親子英語サークル
ベビーサインランゲージ
Facebook:www.facebook.com/adventure.utsunomiya
ツイッター:@Adventure_Eng