【勇気づけの子育て】

最近調理に興味のある息子、110か月赤ちゃん

今日はキッチンが荒れる覚悟で息子が興味を持ったことはやらせてみることにしましたル・クルーゼ

メニューはスパニッシュオムレツomelete*

一緒にじゃがいもを洗って、子供用包丁で切って(固くて切れませんでしたが)、フライパンに投入包丁

途中で熱い思いをしたようで、自分では入れず、私に渡して入れるように指示されました。

ヘラでグルグル、息子が炒めますaya

そして卵をボールに割ります。

息子「これー、これー」卵

私「卵わりたいの?やってみる?」

息子「うん、これー、エッグーわはは

大興奮の息子音符

息子が卵割りをちゃんと見てた事があるか疑問だったので、まずは見せることにしました。

レクチャーはせず、ただ見せるだけです

私「初めの1つ、私が割ってもいい? コンコンコン、パカ、ジャー」

動きを口に出しつつ、やって見せました♪

早くやりたくて仕方ない息子。

台の上でコンコンコン。おっ、初めにやる事覚えてますね

ヒビが入ったところを慎重にさがして

指をいれて、

お皿の上で、パカッ目玉焼き


!?  出来ちゃってるしぎくっ

黄身も割れてない!!

グチャグチャになるだろうと予想してたのに、見事に予想を裏切られました。

私の心は大興奮 きゃはっ♪

本当だったらこう言いたいところ。

「凄―い!卵割れるのー!信じられない!まだ一歳だよ!

ホントすごいね!うれしーなー!!!!

褒めまくりたい衝動に駆られました。

でも、私のとった行動は、

私(冷静を装って)「割れたねー。嬉しそうだね。割ってくれてありがとう。」(ニコッ笑

なぜ私がこの行動をとったか。

それは、「自分がやりたいからやる。人の役にたつからやる。」

と息子に考えられるようになって欲しいから。

褒められて育つと、「褒められるからやる。 褒めてくれないからやらない。」と、

他人の価値観に依存しがちになります汗

だから舞い上がってる気持ちを落ち着かせて、

息子の楽しそうな気持ち、貢献してくれた感謝に目を向けました

二つ目の卵も黄身を潰さずに割れました 目玉焼き

何というビギナーズラック星

その後は殻がお皿に入っちゃいました苦笑

私「殻が入っちゃったね。殻は食べられないね。どうする?

すると、自分で拾って殻を捨てていたカップに入れてくれました。

殻を取り除いたら、ボールにIN!!*

粉チーズやジャガイモを混ぜて・・・

フライパンに投入、ふたをして火加減の調節もしてくれました炎

火加減の調節の仕方を教えてから、

コンロの火を勝手に消されて困る事はほとんどなくなりましたピース

責任を与えると行動が変わるんですね

その後片付けをしていると、携帯を持ち出し、私の写真を撮るマネカメラ

よく見られてますね苦笑

その夜、主人にこの事を興奮気味に伝えると、

主人「最近朝ごはん作る時は自分で割ってるよ。

やりたいって言うからやらせたら出来た」

と以外な言葉がはっ

だからこんなにスムーズに割れたんですね花

主人は私ほどは色々考えてなくて、

本当に「やりたい」と言われたからやらせてみただけなんだと思います。

でも、私が考えて、考えて、いろいろ勉強してやっと出来るようになった勇気づけの対応、

主人はそれを感性でやってしまう人なんです顔

勇気づけの対応が自然に沸いてくる人。

だから子供に好かれて、周りの子供は勝手に伸びていきます

こんな主人から教わる事が多い毎日です双葉

たかが卵割り、されど卵割り生

卵一つから、色々と学んだ一日でした

読んで頂きありがとうございました
「f シェア」 「いいね」 うれしいなー
栃木県宇都宮市で活動中
ベビー英語サイン教室
こども英会話スクール、
アドベンチャーイングリッシュ(準備中)

info@english-a.com
アンドリューズ美和子

親子英会話・こども英語・親子英語サークル
ベビーサインランゲージ
Facebook:www.facebook.com/adventure.utsunomiya
ツイッター:@Adventure_Eng