【活動記録】

「子育てで学んだ事が、ここでも生きてくるんだー。」と実感しました。

この日は、4月オープンの英会話のためのお勉強、「キャッチコピーの作り方講座」に参加。

一番の学びは、「読み手の気持ちになって考えると、言いたい事が伝わりやすい」と言うこと。

私達は、自分達の英会話スクール、レッスンに絶対の自身があります。
すごく良いんです! 他のスクールでは出来ない事も、採算度返しで実行します!

でもね、熱い思いをそのまま語っても、上手く伝わらない事が多いんです。

伝えたつもりの事と、相手に伝わった事にギャップがあるんです。

そんな時の発送の転換。
この日教わったのは、
「聞き手の気持ちになって考えてみる。」
すると、説教じみた表現が、相手に届きやすい表現になりました。

そして、ハッと気づきました。
これって子育てと一緒だって。

ママの「やめなさい!バカッ!」って言葉の裏には、「心配、ケガしてほしくない」って気持ちが隠れてたりします。

そんな時、どう伝えれば、子供に分かってもらえるか、子供の立場に立って考えます。

それに気付いた時、「息子に対人関係のトレーニングをしてもらってたんだなー」と、ますます息子に感謝尊敬の気持ちが湧きました。