【勇気づけの子育て】 

自ら考えて行動する子、指示待ちの子、この違いは生まれつきの性格ではありませんsei

子供は、日々の生活から、自分の対応を決定していきます

「自分で考えて行動する、思考力の高い子供になって欲しい!

もしそう思うなら、ぜひ実践して欲しい事があります。

それは・・・

子供がチャレンジしてる時に、口出しをしない事1本指 

失敗すると分かっていても、子供に考えて行動するチャンスを上げて欲しいんです。

すると、失敗したり別のやり方を試したりしながら、自分なりの答えにたどり着きますフラッグ

もしかするとそのやり方は、親が思ってた方法じゃないかもしれませんもやもや

でも、そのやり方を認めてあげて欲しいんです好

なぜなら、いつか子供は親の手を離れて、自分の方法で問題を解決していかなきゃいけないから。

息子がペンに興味を持ちましたえんぴつ

頭フル回転で試行錯誤してたので、黙って見てました

大人じゃ考えつかない、ペンの合体をしてみたり、

 

こんな持ち方や、

 

こんな持ち方したり、

 

こんな事しつつ、

 

正しい持ち方にたどり着きました。


 
教えなくても正しく持てた事にビックリしましたはっ

ここで初めて声をかけました。

私「ペンの持ち方分かるんだー。そうやって持つと書きやすいよね嬉

息子は無反応でお絵かきに集中していました落書き

この後、細かい作業をする時には、正しい持ち方をするようになりましたキラキラ

色鉛筆とか、力を入れなくちゃ書けない時はグーで持ったりと、使い分けをしているようです音符

息子には、「教えられた事しか出来ない、指示待ちの子」ではなく、

「自ら考えて行動する子」になって欲しいと思っています  双葉

読んで頂きありがとうございました
「f シェア」 「いいね」 うれしいなー
栃木県宇都宮市で活動中
ベビー英語サイン教室
こども英会話スクール、
アドベンチャーイングリッシュ(準備中)

info@english-a.com
アンドリューズ美和子

親子英会話・こども英語・親子英語サークル
ベビーサインランゲージ
Facebook:www.facebook.com/adventure.utsunomiya
ツイッター:@Adventure_Eng