【勇気づけの子育て】

今、息子の体に挑戦した人の勲章が5ヶ所勲章

ほっぺのひっかき傷。

アゴのすり傷。

ひざのカサブタ。

腕のすり傷。

足裏のトゲが刺さった跡。

アゴの傷は、歩きにくい所を歩いて、コンクリにぶつけました 岩

腕の傷は、トゲだらけのツタからブラックベリーを採って食べる時に出来ましberry.

 

足裏のトゲは、靴を履かないで草むらを歩いて刺さりました 足

私が「危ないよー、ケガするからダメ」と息子の行動を止めていたら、

このケガのほとんどは避けられていたと思います。

でも私はあえてそれをしませんNO

なぜなら、それをする事で、息子が「体験から学ぶチャンスを潰してしまう」ことになるからもやもや

アドラー心理学では、こういう体験を通して起こる結果を自然の結末」と言います。

「自然の結末」から学ぶと、体験が伴ってるので、経験値も思考力もアップしますアップ

それをさせずに「ダメよ。危ないよ、○○だから」と言葉で教えるより、学びが深いんですキラキラ

だから、子育てママ達にお願いですメール

ケガさせたくない気持ち、心配な気持ち、汚されたくない気持ちを表現するのを、

ちょっとだけ待ってみて欲しいんです。

まずは子供の決定を尊重して、失敗するのが分かっていても体験をさせてあげて欲しいんです。

(大ケガの可能性が高い事は止めます)

私達には経験があって、失敗するってわかってる事でも、子供にはそれが分からないんです顔

だから、体験が大切きら

心配する気持ちから、子供達の体験する貴重な体験を奪わないで欲しいんです祈  

読んで頂きありがとうございました
「f シェア」 「いいね」 うれしいなー
栃木県宇都宮市で活動中
ベビー英語サイン教室
こども英会話スクール、
アドベンチャーイングリッシュ(準備中)

info@english-a.com
アンドリューズ美和子

親子英会話・こども英語・親子英語サークル
ベビーサインランゲージ
Facebook:www.facebook.com/adventure.utsunomiya
ツイッター:@Adventure_Eng