【勇気づけの子育て】

ママの願いハート

「お友達と仲良く出来る人になっ
て欲しい。」

そう願うのは素晴らしい事だと思う。

でもその願いから

「ケンカしちゃダメ!」

「ごめんなさいって言いなさい!」

「もう一つお菓子あげるから取っちゃダメよー」

って言ってたら、子どもは何を学ぶかな?

「おもちゃを取ればママは私をかまってくれる!」

「私を見ないでLINEやってる時は、ケンカすれば見てくれるんだ」

「お菓子が欲しい時は、お友達のお菓子取れば、ママが隠し持ってるお菓子がもらえるぞ。」

なんて考えるかもね困

そして、そのまま成長すると、

「私が困ってるとき、周りは私を助けるべきビックリマーク2

「問題を起こせば周りは注目してくれるんだ
ビックリマーク2

なんて思っちゃうかもしれない。

 

ママに出来る事、それは「子供を信じて見守る事」だと思うんです。
「この子にはこの困難を乗り越える力がある」って信じて見守る。

私も息子には「人にやさしく出来る人」になって欲しい。
だから子ども達のケンカはただただ見守ります。

ケンカは子ども達が問題解決の方法を学ぶ絶好のチャンス!!
私はそのチャンスを大人が奪っちゃうのはもったいないと思うんです。


【ケース1】
小川に遊びに行ったとき、

息子と知らない子(A君)が遊び始めました。
初めは仲良く遊んでいましたが、息子がA君のおもちゃを取りました。
A
君は気に入らない様子。
見守ってると、A君は息子に向って「ダメだよ」って言ったり、おもちゃを持って逃げたり、隠したり。

息子はA君を追いかける。

遠くからただただ見守りました。

「この子は自分で解決できる。」そう信じて。

少し経つと、A君はおもちゃを持ってその場を離れました。

息子はその場で立ち去るA君の後ろ姿を眺めた後、また一人で遊び始めました。

見事自分たちで解決です!!

A君も息子も脳みそいっぱい使ったね。

大人が描く100点満点の解決法じゃないかもだけど、自分で困難を乗り越える力を付ける事の方が大切だと私は思うな。

 

【ケース2】
サインレッスンの後、1才半の息子と
U君が0歳のKちゃんのお菓子を奪って高い所に座り食べ始めました。

K
ちゃんご一腹。でも取り返せません。

幸いママ達は勇気づけの子育てを学んでいる仲間。

このまま見守る事が出来ました。

ボーイ達はお菓子完食。

Kちゃんは泣いてママの所に行く事もなく、手をあげたり怒ったような声をだしたり、精一杯の意思表示むっ

Kちゃんは、「自分じゃ解決出来なそうな課題にぶつかった時、どうすれば良いか」、精一杯表現してくれたね。

もっと動けるようになってからのKちゃんがどんな行動をとるのか楽しみ

「人にやさしく出来る人」には2つのタイプがいる気がするんです。
他人から「優しくしなさい」と言われるから優しくする子
自分から「優しくしたい」と思って優しくする子
この二つって大きく違うと思うんだー。

 

私は②の子になって欲しい。
だから、「息子には解決する力がある」と信じて「見守る子育て」続けて行きたいな。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

【ヨイ出しマラソン14日目/30日中】

[主人のヨイところ]
寝起きが良く朝から活動的

[息子のヨイところ]
全身で嬉しさを表現できる

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

読んで頂きありがとうございました
「f シェア」 「いいね」 うれしいなー
栃木県宇都宮市で活動中
ベビー英語サイン教室
こども英会話スクール、
アドベンチャーイングリッシュ(準備中)

info@english-a.com
アンドリューズ美和子

親子英会話・こども英語・親子英語サークル
ベビーサインランゲージ
Facebook:www.facebook.com/adventure.utsunomiya
ツイッター:@Adventure_Eng