【勇気づけの子育て】

どおりでママが「危ないよっ!」って言い聞かせても止めないはずだよね汗2

「何度言ったら分かるの!?

分からないはずだよね。

10%しか覚えてないんだもん・・・

むかしむかし、偉い人が言いましたひげおやじ

「聞いたことは、忘れる。見たことは、覚える。やったことは、わかる」

そして、アメリカの偉い人が調べました

【記憶に残る割合】

  聞いたことは、10%

 見たことは、15

  体験したことは、80%

この日、息子はブランケットを引きずり、踏んで転んでアスファルトにおでこをぶつけました。

初体験です!

息子:転んで泣く泣

私:見守りました

息子:泣きながら私の元へ来て「だっこー」

私:抱っこと口でお願いしてくれたので、抱っこしましました。

私:「痛そうだね。転んでおでこぶつけちゃったね苦笑

私:「でも転んだ後一人で立ち上がれたね。尊敬するよキラキラ

私:「ブランケット踏んで転んじゃったんだね 汗

(この場でレクチャーせずにブランケットの持ち方は、次の機会に教えます)

①「転んで痛いよ。」とママが子供に話すと・・・

子どもの記憶に残るのは10

②転んで痛そうな子を見ると・・・

子どもの記憶に残るのは15

③実際に転んでケガをすると・・・

子どもの記憶に残るのは80

息子の「転んだら痛い」記憶定着80%だねおんぷ

ブランケットを踏んだ事と転んだ事の関係は私が説明しただけだから、これは10%。

ママが「気を付けて」って言うより、自分で体験するほうが身に付きそうだね花

我が家では、口で言い聞かせるだけで体験させないという事は出来るだけ避けます。

なぜなら、聞いたことは忘れるから矢印

出来るだけ体験をさせます(大けが、大事故につながりにくい事)かお

ゴーヤ、丸かじりゴーヤ

私「苦そうだね。美味しくなくて残念だねてれ(苦笑)

この後一度も口にしません。

コショウも体験S&Bテーブルコショー

息子「オープン、オープン」

コショウのフタ、開けてほしいそうです。

私「これ辛いよ。パンにかけて食べるの?pink

息子「オープン、プリーズ」

頼まれたので開けました。

どっさりかけたコショウをパクリ食パン 
 
変な顔して舌をフキフキ泣き

この後一度も食べようとしません

何度も言い聞かせるより、体験から学んでくれた方が、ママとしても楽ちんLOVE

た・だ・し、

「だから危ないって言ったでしょー!」

「ママのいう事聞かないからこうなるんだよ!」

「自分でやったんでしょ!何泣いてるの?」

なーんて絶対言いませんNO

これじゃお説教になっちゃうので、せっかくの体験が台無し汗①

「ママは僕の気持ち分かってくれないんだー!泣くって思っちゃうかも。

代わりに、子どもの気持ちに共感、共感 好

「痛そうだね。」

「悲しそうだね。」

「残念だったね。」

子どもが「ママは僕の事分かってくれる!僕の味方!O★って思えたら、

子どもは勇気を持って色んな事に挑戦できるかもハート

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

【ヨイ出しマラソン13日目/30日中】

[主人のヨイところ]
頑張りすぎず適度に休める

[息子のヨイところ]
眠い時に「ベッド」と言って教えてくれる

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ヨイ出しマラソンってなーに?

読んで頂きありがとうございました
「f シェア」 「いいね」 うれしいなー
栃木県宇都宮市で活動中
ベビー英語サイン教室
こども英会話スクール、
アドベンチャーイングリッシュ(準備中)

info@english-a.com
アンドリューズ美和子

親子英会話・こども英語・親子英語サークル
ベビーサインランゲージ
Facebook:www.facebook.com/adventure.utsunomiya
ツイッター:@Adventure_Eng